アロマを楽しむアイテム、オイル

◆アロマを楽しむアイテム、オイル

アロマとオイルは、とても馴染みが良くアロマの精油だけで肌に直接つける事は出来ませんが、二つを合わせると肌につける事が出来る様になるので、アロマを楽しむ幅が広がります。
例えば、好きな匂いの精油とオイルを足せばボディーオイルや、ヘアーオイル、入浴剤、クレンジングなどに変身します。
オイルにも沢山の種類があり、スイートアーモンドはどんな肌にも相性が良く高い保湿力があります。グレープシードは敏感肌の人向けで刺激が少ないです。
ホホバは脂性肌の人向けで皮脂に良く似た成分構造なので肌に浸透しやすいです。
それに加え、柑橘系やフローラル系、ハーブ系などその日の気分で落ち込んでいる時には元気になれるような香りの物と、優雅な気分になりたい時はバラ系の物、などと混ぜ合わせてアロマを楽しめるようです。
アロマは個人差はありますが気分転換にもなり、リラックス効果も十分に期待出来ます。
その為、妊娠中には使えない物もありますが使用する前に少々調べればどんな方でも気軽に楽しむ事が出来ます。

◆効果的なアロマテラピー活用法

1日の疲れやストレスを解消する方法として、アロマテラピーを利用する人が増えています。
しかし、目的に合ったエッセンシャルオイルを選ばないと、効能が得られないばかりか逆効果になることもあるので、きちんと把握しておきたいものです。
眠る前のアロマテラピーに適するのが、ラベンダーとスイートマジョラムです。ラベンダーは鎮痛、鎮静効果が高いことでよく知られていて、それ以外にも不眠や頭痛にもよく効きます。また、スイートマジョラムは、頭痛、関節痛、歯痛をはじめ、消化不良や不眠にいたるまで、広範囲に効能があるので、ぜひ生活に取り入れたいものです。就寝前には、そのまま眠り込んでもいいように、電気や火を使わない方法がいいでしょう。ティッシュペーパーにラベンダーとスイートマジョラムのオイルをそれぞれ1滴ずつしみこませたら、枕の横にたたんで置いておきます。寝返りを打つたびに香りに包まれて、リラックスして眠りにつくことができるでしょう。
寝る直前にパソコンに向かったり、テレビを見たりしていると、脳は緊張状態になり、寝つきが悪くなってしまいます。そんなときは、アロマオイルを使って、耳のマッサージをしましょう。使用するオイルは、ベースオイル4ミリリットルにラベンダーを1滴、カモミールを1滴加えたもので、誘眠効果だけでなく、リラックス効果も期待できます。
まず、耳全体にオイルを塗り、親指と人差し指で耳たぶから少しずつもみ上げていきます。次に、耳の外側を人差し指の腹で上下にさすります。最後に、耳の後ろにある三角の骨の先から1センチくらい後ろあたりを、骨をさするように円を描きながら押していけば疲れがとれやすくなります。

◆注目サイト

マッサージベッドの通販
http://www.momitaro.jp/
札幌のブライダルエステランキング
http://www.pariskayak.net/area/sapporo/
東京の音楽教室に通う
http://www.plumeria-music.com/
胡蝶蘭の販売
http://kochouran-tg.jp/
銀座 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000241600/

最終更新日:2014/10/31